これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2020年10月11日「しるしを欲しがる罪」(マタイによる福音書16章1~12)

 福音書の頂点・分水嶺は、この16章のペトロの告白、そして次章の山上の変貌です。ここから先は、十字架へ向けて一直線に進んでいきます。その前に・今日の箇所に、既にユダヤの(宗教)指導者たちと主イエスの対立が激しく描き出されています。
 まず彼らの願いです。1節です。まず第一に、普段は対立しているファリサイ派サドカイ派が手を結んでいます。第二に、「試そうとして」に注目しましょう。この言葉が以前に使われていたのは、4章の悪魔の誘惑の箇所です。荒れ野では悪魔が直接誘惑しました。しかし今日の箇所では、既にある「しるし」を見ようとしない人々を用いて、悪魔は誘惑します。そして第三に、「天からのしるしを見せてほしい」と願う罪です。
 なぜしるしを欲しがることが罪なのか、次の主イエスの言葉から分かります。2・3節です。空模様を見分けるように、時代のしるしである主イエスがおられるのに見ようとしない、ここに罪があります。
 そこには三つの罪の要素があります。まず第一に見ようとしない鈍さの罪です。第二に、自分が判断する・裁く座(神の座)につこうとする傲慢の罪です。そして第三に、神の子を(鈍さのゆえに気づかず、自分たちの傲慢さのゆえに主イエスより自分たちを上において)試す罪です。そのとき彼らは悪魔の手先に成り果ててしまいます。
 それは弟子たちには関係のない、人ごとだというのではありません。5節以下です。主イエスの6節の言葉をパンそのもののことを語っているのだという、鈍さからくる誤解があります。給食の奇跡を目の当たりにしていながら未だに分かりません。最後の箇所に至ってやっと、悟ります。私達もまた、私達の愚かさ・鈍さによって、神の言葉、主イエス・キリストご自身というしるしを見ないことにならないように気を付けましょう。