これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2020年10月25日「サタン、引き下がれ」(マタイによる福音書16章21~28節)

 福音書の頂点・分水嶺は、前回のペトロの告白と次章の山上の変貌です。そしてこの二つの出来事に挟まれる形で、最初の受難予告がなされています(今日の箇所です)。これはペトロの告白に呼応してなされました。21節です。しかしペトロはこの主イエスの告白を受け入れるのではなくて、ま逆にいさめます。22節です。そして主イエスは、このペトロに語られます、「サタン、引き下がれ(今日の説教題)」と。23節です。なぜ主イエスは、こんなにも厳しくペトロを叱るのでしょうか。それは、神のことではなくて人間のことを思っているからです。確かにペトロは弟子たちを代表して、教会の礎となるような素晴らしい告白をしました。しかしそのメシア理解・メシアへの期待は、私達教会が知っているものとは異なる、植民地支配からの解放などでした。
 それでは、「神のことを思う」とはどういうことでしょう。次に主イエスは、弟子たち全体に語ります、24~27節です。神のことを思う者がとる行動は、主イエスについていくことです。そしてそれは、私達教会の志でもあるのですが、自分を捨てて自分の十字架を背負って従うことです。これは決して英雄的な行動を促すものではありません(ときには結果としてそうなることもありますが)。何か特別なことをすることではなくて、私達自身の日常において、キリストのために自分の命を失う覚悟をもって生きることです。なぜそんなことが可能なのでしょう。命の約束(25・26節)があるからです。そして、主イエスは、(マタイ福音書記者の強調することですが)「それぞれの行い(27節)」を大切にします。28節は、復活のことか再臨のことか解釈が分かれます。
 主イエスは、父なる神が、私達一人ひとりに対して、わたしたち一人ひとりの命が全世界よりも貴い、価値があるのだとしてくださっていることを、わたしたちに語ります。わたしたちは神から与えられた貴さに相応しく生きましょう。

2020年10月18日「この岩の上に」(マタイによる福音書16章13~20節)

 福音書の頂点・分水嶺は、この16章のペトロの告白と次章の山上の変貌です。なぜこの告白が頂点なのでしょう。三つの点に注目しましょう。まず第一に、人々の言葉ではなくて、「あなたがた」の告白、自分の言葉として責任ある発言だからです。13~16節です。
 第二に、告白の内容です。「メシア(キリスト)、生ける神の子」。これは主イエスが十字架に掛けられ死んだ時に、百人隊長らが告白した言葉でもあります(27章54節)。この告白こそ、教会の礎です。17~19節です。「この岩の上に」とは、人間ペトロ個人を指しているのではなくて、この告白のことです(カトリックプロテスタントの一番大きな違い)。しかもこの告白は、決して人間から出てくるものではなくて、ただまっすぐに天の父からのものです。更に主イエスは、この教会にこそ天の国の鍵を授けて下さいました。これは陰府の力も対抗できません。復活の出来事が、これを確かならしめます。
 第三に最後に、この告白から主イエスは、十字架の事実を予告しはじめます(次回の箇所、次回丁寧にみます)。この告白こそ、主イエスが十字架の秘密を語られるのにどうしても必要な唯一のことでした。
 私達教会は、天の国の鍵を授かったものとして、この世界で罪の赦しを宣言し続ける責任があります。もはや十字架と復活以前の、メシアの秘密(20節)はなく、全て公に宣言し、伝道し、天の国(神の支配)へと人々を招き続けます。その私達にどうしても必要なたった一つのことは、「あなたはメシア(キリスト)、生ける神の子」との告白に固く立ち続けることです。

2020年10月11日「しるしを欲しがる罪」(マタイによる福音書16章1~12)

 福音書の頂点・分水嶺は、この16章のペトロの告白、そして次章の山上の変貌です。ここから先は、十字架へ向けて一直線に進んでいきます。その前に・今日の箇所に、既にユダヤの(宗教)指導者たちと主イエスの対立が激しく描き出されています。
 まず彼らの願いです。1節です。まず第一に、普段は対立しているファリサイ派サドカイ派が手を結んでいます。第二に、「試そうとして」に注目しましょう。この言葉が以前に使われていたのは、4章の悪魔の誘惑の箇所です。荒れ野では悪魔が直接誘惑しました。しかし今日の箇所では、既にある「しるし」を見ようとしない人々を用いて、悪魔は誘惑します。そして第三に、「天からのしるしを見せてほしい」と願う罪です。
 なぜしるしを欲しがることが罪なのか、次の主イエスの言葉から分かります。2・3節です。空模様を見分けるように、時代のしるしである主イエスがおられるのに見ようとしない、ここに罪があります。
 そこには三つの罪の要素があります。まず第一に見ようとしない鈍さの罪です。第二に、自分が判断する・裁く座(神の座)につこうとする傲慢の罪です。そして第三に、神の子を(鈍さのゆえに気づかず、自分たちの傲慢さのゆえに主イエスより自分たちを上において)試す罪です。そのとき彼らは悪魔の手先に成り果ててしまいます。
 それは弟子たちには関係のない、人ごとだというのではありません。5節以下です。主イエスの6節の言葉をパンそのもののことを語っているのだという、鈍さからくる誤解があります。給食の奇跡を目の当たりにしていながら未だに分かりません。最後の箇所に至ってやっと、悟ります。私達もまた、私達の愚かさ・鈍さによって、神の言葉、主イエス・キリストご自身というしるしを見ないことにならないように気を付けましょう。

2020年10月4日「主は憐れむ」(マタイによる福音書15章29~39節)

 前回の箇所、カナンの女の信仰の箇所とは異なり、今日の聖書箇所には目新しいことは何もありません。前半は、主イエスの癒しの(纏めの)記事です。後半は、前の章にありました五千人の給食とよく似ています。今日は三つのことだけをみてみましょう。
 まず第一に、前回の箇所と関連して、群衆が誰なのか、です。マタイはユダヤキリスト者を強く意識して書いています。だから、明確には書きませんが、異邦人です。弟子たちの態度や場所のこと、そして群衆の様子から推測できます。つまり主イエスは、カナンの女との出会いを通じて、憐れみ・愛をイスラエルだけではなくて、異邦人にも広げました。
 次に繰り返すことの意味です。主イエスは、倦むことなく憐れみます。私達の愛も、私達の弱さや罪のゆえに、主イエスと同じようにはできないとしても、それを目指します。愛において大切なことは、諦めないことです。まるで砂漠に水を撒くようにむなしいことに思えても、主が神が働いておられることを信じて続けることが大切です。私達の礼拝もキリスト者としての生活も、ある意味では、ひたすら繰り返すことです。この講壇から語られる説教も、本質的には同じことを繰り返し語っているだけです。しかし私達の頑なさ・忘れっぽさ・罪の深さのゆえにこれはどうしても必要なことです。
 そして最後に、主イエスは私達への愛の極限において、十字架に死んで下さいました。私達の信仰には、繰り返すこと、諦めないことの中で、敵のために死ぬことをも厭わない覚悟が求められています。それは「自分の力」では決してできませんが、ただ神がさせて下さいます。

2020年9月27日「食卓から落ちるパン屑」(マタイによる福音書15章21~28節)

 一般に福音書の頂点・中心は、もう少し先です。ペトロの信仰告白や山上の変貌の記事です。しかし私は、それ以前、今日の箇所にこそ決定的な出来事が起こっているのだと思います。この箇所に出てくるのは、主イエスとカナンの女と弟子たちです。弟子たちは脇役でしょう(23節後半)。カナンの女に注目するならば、極端なまでのまっすぐな信仰です。主イエスは、この女の信仰を「立派だ(大きい)」(28節)と評価なさいます。衣の裾に触れた出血の女の場合など、主イエスは一途な信仰を評価して下さいます。湖の上を歩く主イエスの、ペトロに対する言葉、「信仰の薄い(小さい)者よ」(14章31節)との対比が目立ちます。
 しかし今日は、主イエスの態度の変化に注目しましょう。最初、女が叫びんでも、主イエスは何もお答えになりません。そして弟子たちに促されてはじめて、仰います。24節です。更に女が食い下がると(25節)、26節のようにお答えになります。24節や26節の主イエスの言葉には、あまりにも冷たい響きがあるのではないでしょうか。そこにあるのは、主イエスが「イスラエルの家の失われた羊」(イスラエル全体か一部か議論の分かれる所ですが)にのみ遣わされているのだという自覚です。私達異邦人も含めてすべての人間に遣わされているという自覚ではないのです。このカナンの女との出会いによってはじめて、主イエスは私達への使命を自覚なさいます。[ギリシャ哲学の真理とヘブライ文学の真理について。神の名、あってある者について。〕主イエスは、神でありながら、人との出会いを通して変わられます。信仰者として、私達も変わらない頑なな信仰ではなくて、主イエスと共に生きる柔らかい信仰を生きましょう。

2020年9月20日「人をけがすもの」(マタイによる福音書15章10~20節)

 今日の箇所は、前回の箇所と合わせて一まとまりです。きっかけは、ファリサイ派の人々と律法学者たちの問いでした。前回の箇所では、父と母とを敬えという戒めがないがしろにされている、そこに昔の人の言い伝え(あなたがた自身の言い伝え)の最大の問題がある、そう主イエスが指摘なさる箇所でした。
 彼らの問いに対する答えとしては、今日の箇所の方がはっきりと応えています。10・11節です。当時汚れは、外から人間の中に入ってくるものだという認識が普通・常識でした。今でも多くの宗教でそういう考え方があります。それに対して主イエスは、この常識を完全にひっくり返します。主イエスのこの言明に対して、理解できない弟子たちが説明を求め(15節)、主イエスは答えます。最後の17~20節です。心から出てくる悪い行いが、人を汚します。人の心にこそ、汚れ・悪・罪はあります。ここが分からないと、外から汚れが移ると思い込み、これを防ぐことに必死になります。この根本的な思い違いを主イエスは指摘します。このような思い違いの果てにあるのが、ファリサイ派の人々の姿です。12~14節です。これはとても厳しい裁きの言葉ですが、私達教会も無関係ではありません。真面目で真剣であるからこそ、かかってしまう「正義病」では、この裁きに値するような罪がすぐに起こってしまいます。では私達はどうしたらよいのでしょう。何よりもまず、汚れが実は外から来るのではなくて、自分の心からこそ来ることを自覚することが大切です。そしてそのような私達のために、神が主イエスをこの世界に派遣して下さり、私達の汚れを清めるために決定的な奇跡の業、十字架をなしてくださった、私達が間違って驕り高ぶってしまいそうになるとき、いつもこの原点に立ち返りましょう。

2020年9月13日「神の言葉を無にする罪」(マタイによる福音書15章1~9節)

 今日の箇所は、次回の箇所と合わせて一まとまりです。今回は、一度に語るのは無理だと感じました。前半を今日、後半を次回みてみます。きっかけは、ファリサイ派の人々と律法学者たちがやってきて、問います。1・2節です。ポイントは、「エルサレムから」です。主イエスが主に活動なさったのはガリラヤですから、都エルサレムから来るというのは、大変なことです。食事の前に手を洗うのは、私達のように衛生的な意味(コロナ対策など)ではありません。宗教的な意味です。昔の人の言い伝え(主イエスは自分の言い伝えと言い換えている、3、6節)とは、神の掟・律法を守るために必要だと考えられた細かい規定です。その中に、異邦人と触れている可能性を考えて手を洗って(しかもかなり細かく具体的な方法も定められていた)けがれを落とします。このこと自体については,次回の箇所になります。
 まず主イエスは、コルバンを用いて、彼らが、言い伝えを用いてどれほど神の言葉、律法から離れてしまっているかを指摘します。3~6節です。敬うとは、決して精神的な意味だけではありません。経済的な必要を満たすことも含まれています。それなのに、神への供え物だといえば、この義務を免除されるという言い伝えがあります。確かに、人への義務よりも神への義務のほうが優先されます。しかしそれが、言い訳になってしまい、経済的に両親を養わない根拠にされてしまいます。それを主イエスは、神の言葉を無にする罪だと指摘なさいます。それはまさに、イザヤが預言したように、偽善者のすることです。7~9節です。しかし私達は、神の言葉を無にすることなどできるでしょうか。神の言葉は、一度神が発せられたならば、むなしく消えていくことはありません。この箇所の「無にする」とは、本来私達の生きる指針となるはずの神の言葉が、私達人間の罪によって無視されることです。ファリサイ派の人々と律法学者のことだから、私達には無関係だ、などとはいえません。自分がどれほど神の言葉を無にする罪を犯しているかの自覚がないところでは、それこそ、神の言葉を無視し続けることになります。しかしそんな私達を救うために、主イエスは十字架に死んで下さった。この事実にしっかりと立つ時に、私達はこの罪から離れて生き始めることができます。