これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2022年8月7日「私達の平和」(エフェソの信徒への手紙2章11~22節)

 今日は平和聖日です。そして今日の聖書箇所は、キリストが私達の平和であると語っています。次回も同じ聖書箇所ですので、全体的な話は次回にします。今日は、「キリストは私達の平和」ということに集中します。
 この「平和」には、狭い意味と広い意味の二つがあります。まず、狭い意味をみましょう。それは、ユダヤ人と異邦人の間の平和です。ユダヤ人は、割礼を受けた神の民です。異邦人は、割礼のない者、神の民でない者、まるで神なきがごとくに生きる者です。両者の間には、敵意という隔ての壁がありました(14節)。しかし今や、キリストが私達の平和となって、隔ての壁を取り壊してくださいました。14~16節です。両者を一つの体として神と和解させてくださいました。キリストの十字架こそが、敵意を滅ぼしました。だから、私達はキリストへの信仰によって、一つの体・教会となって、共に歩むことができます。エキュメニカル運動は、教派の違いを越えて歩む私達の具体的な現れです。
 これが今日の箇所で述べられている平和の狭い意味です。もう一つの広い意味をみましょう。キリストにおいて実現した平和、平和の福音(17節)とはどのようなものでしょう。まず、18節です。御父に近づきます。父なる神は、善人にも悪人にも雨を降らせ太陽の恵みをくださる方です。とすれば、私達もそういう者たちに育てられていきます。それは、とても困難な面もあります。例えば、理不尽なあくばかり行う独裁者のことを思い浮かべればすぐに分かります。ヒットラープーチンなどです。私達は、「神よ、彼らを裁いて罰してください」と祈りたくなります。しかし私達は、彼らが悔い改めて悪をやめ、まっとうな政治を行うように祈ります。さあ新しい一週間、平和をこそ、携えていきましょう。

2022年7月31日「善い業を行って歩む」(エフェソの信徒への手紙2章1~10節)

 エフェソの信徒への手紙講解説教は、今日で三回目です。今日の箇所では、信仰に入る以前と今とを比べています。まず、以前のことが語られています。1~3節です。「空中に勢力を持つもの」という古代的な表象が用いられています。しかしそれは、「この世を支配する者」であり、また「不従順な者たちの内に今も働く霊」と言い換えられています。そう考えれば、意味が分かると思います。私達自身については、過ちと罪を犯していました。それは、欲望の命ずるままに生活するということであり、神の意志とは真逆なのですから、神の怒りを免れることはできません。
 4節の「しかし」で話は、「今」になります。4~7節です。ここで大切なことは、主語は神であって私達ではないことです。私達の救い(キリストと共に生きること、キリストと共に復活させられたこと、天の王座に付かされたことなど)は、神の豊かな恵みによります。私達はこの救いの出来事の主語にはなりえません。
 ですから、8・9節です。誰も誇ることがないように、私達の行いによるのではなくて、私達の力によるのではなくて、神の賜物です。恵みにより信仰によって救われました。ですから、結論として、10節です。私達の創造の目的が描かれています。私達が善い業を行って歩むのは、そもそも神の創造の目的だからです。私達が何か善い志をもって善い業を行うのではありません。この善い業を行うのは、救われるためではありません。救われた私達の自然な姿です。さあ新しい一週間、無茶な努力目標として「善い業」を行おうとするのではなくて、自然な姿、神の造られた姿として、善い業を行って歩みましょう。

2022年7月23日「教会は満ちておられる場」(エフェソの信徒への手紙1章15~23節)

 前回からエフェソの信徒への手紙の講解説教に入りました。しかし一説には前回の箇所は付加部分であって、実際の手紙としては、最初の挨拶の後、今日の箇所になるのだという仮説もあります。実際、今日の箇所の大部分はパウロの祈り(の中身)であって、そこから派生して、キリストのこと、教会のことが描かれています。
 まずパウロは15・16節で感謝を語ります。教会について・教会のために祈るとき、それは必ず神への感謝になります。感謝の中身は、教会の人々の信仰と愛のことです。そして次の17~19節です。神を深く知ること、心の目が開かれること、そして悟ることをパウロは祈り求めます。それは神の力によることであり、また神の力について知り悟ることです。
 この神の力によって、神はキリストに何を行ったのでしょう。主に三つのことが描かれています。復活と高挙(神の右の座につけること)、そしてあらゆる名の上に置く(全てをキリストの足もとに従わせる)ことです。20~22節前半です。
 そしてそれからはじめて、教会が出てきます。22節後半~23節(最後の箇所)です。神は、キリストを教会に与えられました。さらに、教会はキリストのからだです。教会はまた、すべてにおいてすべてを満たしている方(キリスト、また神)のみちておられる場です。
 しかしこのことが分かるためには、まず、心の目が開かれて、神を深く知らなければなりません。そうでないと、教会は単なる一つの宗教団体、救いについての一定の教説を主張する組織にすぎないことになります。だからこの手紙の著者は、手紙を受けとる人々が神(の力)を深く知ることができるようにと祈ります。勿論、終末・再臨の時には、全てが明らかになるでしょう。しかしそれ以前には、聖霊によって導かれなければ,このことは分かりません。さあ新しい一週間、「すべてにおいてすべてを満たしている方の満ちている場」である教会を生きましょう。

2022年7月17日「時が満ちるに及んで」(エフェソの信徒への手紙1章1~14節)

 今日からエフェソの信徒への手紙の講解説教です。この手紙は確実にパウロが書いたと考えられている7つの手紙(ローマ、コリント一・二、ガラテヤ、フィリピ、フィレモン、テサロニケ一)に入っていません。パウロの真正の手紙かどうか分かりません。その上、宛て先も、有力な写本の幾つかに「エフェソ」が欠けています。勿論パウロが書いた可能性もあるのですが、今回はパウロに比較的近い熱心な弟子の一人が書いたものとして読んでいきます。ただしそれで読み方が大きく変わることはありません。
 今日の聖書箇所は、最初の挨拶の言葉も含めて、様々なことを読み取ることができますが、今日は三つの点だけに絞って聖書に聞きます。この箇所では、キリストを通しての神の救いの計画が描かれています。まず第一に、この神の計画は、天地創造以前からのものだ(特に4節)ということです。これは神の救いの計画が天地創造の前から存在するというだけではなくて、私達自身の存在も生も死も全て神のご計画の内に、最初からあるということにほかなりません。
 第二に、その目的は、私達がこの救いの計画によって、神を崇めほめたたえることです(12節など)。神をほめたたえるようにと、神は人間をお造りになりました。しかし私達人間は我が儘で自分勝手であり、まるで神なきがごとくに生きてしまう存在です。神の救いが分かってはじめて、私達は神の人間創造の目的の通りに、神をほめたたえることができるようになります。
 第三に(最後に)、この救いの実現、完成は、「時が満ちる」(10節など)のを待たなければならない、今はこの救いの出来事の始まりと完成の「間の時」だということです。例えば、グノーシスの方々などは、自分たちはもう完成しているという自覚をもって、既に「時は満ちた」といいます。しかしそうではなくて、私達は救いの完成の時を待ち望んで、聖霊という保証(14節)に信頼して歩みます。

2022年7月10日「自分の手で」(ガラテヤの信徒への手紙6章11~18節)

 今日はいよいよガラテヤの信徒への手紙、最終回です。最後パウロは、今までの口述筆記をやめて、自分の手で書きます。11節です。全て口述筆記でもよかったでしょう。しかしパウロはこの厳しい手紙の最後に、自分の手で今一度、大切なことを書きます。12・13節からみましょう。この短い手紙の中で、繰り返し語られてきたことです。割礼を受けて、ユダヤ教の一部であるように振る舞えば、キリストの十字架による迫害もなくなります。ユダヤ教キリスト派というような形で、当時の公認宗教であったユダヤ教のようにみえるからです(色々複雑な問題はありますが、少なくともユダヤ人からの迫害は減るでしょう)。ガラテヤの人々に割礼を受けさせたいと望む人々が、真実には神に従おうとしているのではなくて、肉の欲としてそう求めます。
 それとは正反対のパウロの姿が描かれます。14節です。十字架の他に誇るものはない。これは私達も全く同じなのではないでしょうか。キリスト者には謙遜な人が多いと言われます。けれどもそれは、実際は自分はたいした人間だと思いつつ、謙遜を装うのではなくて、キリストの十字架だけが誇りなので、自分の様々な業績や現実を誇ることはありません。世はパウロに対して、パウロは世に対してはりつけにされています。つまり、根源的第一義的関係はもはやないのです。
 それですから、15・16節です。割礼の有無はもちろん問題ではありません。大切なのは、十字架にはりつけにされた者として、新しく創造されることです。この手紙では割礼を受けるべきかどうかが議論されてきましたが、そういうことを越えて、キリストとの係わりで一度死んで新しく創造されることが大切です。そういう私達、神の新しいイスラエルに、パウロは平和と憐れみを祈ります。
 最後に、17・18節です。パウロは(そして私達も)イエスの焼き印を身に受けているので、イエスのからだとしてなすべきことがあります。間違った人々に惑わされて、パウロを煩わさないでほしいと、パウロは願います。

2022年7月3日「善を行おう」(ガラテヤの信徒への手紙6章6~10節)

 前回は、重荷を担うことがテーマでした。今日はその続きとして、「善を行う」ことが語られています。しかもこの短い箇所で、二回も(8・9節)勧められています。この短いガラテヤの信徒への手紙の終り近くにあたって、パウロは勧めるべき幾つかのことを畳みかけるようにして語ります。
 最初は、(牧師という立場では語りづらいのではありますが)牧師のような立場の人間の経済的な問題です。6節です。持ち物を全て分かち合うというのは、大げさな表現ですが、御言葉を教える者は、それによって生活の糧を得るべきだということです。大学時代の聖書研究会での出来事のこと。パウロ自身は、まだ開拓途上にある諸教会から報酬を得ないで(原則であってフィリピの教会などからは支援を受けていたようですが)天幕張りの仕事をしながら伝道をしていましたけれども、基本的には伝道者は、報酬を受けるべきだ、それが当然の自然な姿だと考えていました。そのことを改めてここで確認します。
 更に、7・8節です。神は全てを見ておられ全てを知っておられます。肉に蒔く者は滅びを、霊に蒔く者は永遠の命を刈り取ります。こういう終末論的な視点に立って、パウロは勧めています。
 最後に、9・10節です。善を行いましょう。ここには、更に明確に終末的な観点があります。「時がきて」と「時のある間に」です。再臨・終末がくれば、全てが決まってしまいます。その前に、まだ間に合う内に、善を行うことが(特に信仰の仲間に対して善を行うことが)大切です。具体的には、罪を犯した者を立ち返らせることや伝道者を経済的に支えること、その他様々なことがあるでしょう。
 今日からはじまる新しい一週間、「善を行おう」とする志をもって生きましょう。

2022年6月26日「自分の重荷を担って」(ガラテヤの信徒への手紙6章1~5節)

 前回は、霊の導きに従って歩むこと、そのようにして前進することが勧められていました。今日の箇所では、それが具体的にどのようなものになるのかが、示されています。まず、1節です。正しい道に立ち返らせる、これはかなり難しいことではないでしょうか。私達は、兄弟が罪に陥ったとき、多くの場合、見て見ぬふりをしてしまいます。なかったことして、済ませてしまいます。たとえそうではなくても、表立って、または裏で(陰口のようにして)非難します。最近のメディアの傾向として、私自身とても危惧していることは、皆で誰かを非難して溜飲を下げるような傾向です。そして実は私達自身の中にもそのような傾向があるのではないでしょうか。パウロが勧めるのは、なかったことにしたり、非難したりすることではなくて、正しい道に立ち返らせることです。現実には難しいのですが、私達自身がそういう志をもって信仰の仲間を受け止めることです。そして少なくとも自分が誘惑されないように注意します。
 そこで起こることは、互いに重荷を担うことです。2節です。律法主義者は、(ファリサイ派の人々のように)極論すれば、他者のことはどうでもよい、自分の救いだけが大切です(救いには確かにそういう究極的な問題もありますが)。それに対して、キリストの律法は、互いに愛し合うことが重要ですから、互いに重荷を担うことになります。
 次の3・4節は、少し分かりにくいかもしれません。前回の「うぬぼれて」(26節)にも通じるものがあります。正しい自己反省が、霊の導きの中で可能になるはずだということです。
 最後に、5節です。私達は、他者の重荷を負うべき責任があります。しかしながら、それ以前に、他の方々の重荷以前に、自分の担うべき重荷があります。それは人それぞれ異なるのであって、こうだと決めつけることはできません。各自の真剣な祈りの中で、聖霊によって示されます。さあ新しい一週間、自分の重荷を担う、それゆえ与えられる感謝と喜びを生きましょう。