これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2020年1月19日「枕する所もない」(マタイによる福音書8章18~22節)

 今、主イエスの救いの行ないに関する、8・9章の箇所を丁寧に読んでいます。今日の箇所は、主イエスがそういう何かを行う場面ではなくて、二つの問答が記されています。まず、そのきっかけともなる主イエスの命令をみましょう。18節。主イエスはここではっきりと自分を取り囲んでいる群衆を退けます。彼らから離れて、向こう岸に行こうとします。この主イエスの厳しい面も私達は知っておく必要があります。
 そして一つ目の問答です。19・20節。これは厳密に考えると、問答になっていません。律法学者は、従うと宣言しただけです。だから主イエスはそれに対して、肯定的、あるいは否定的な評価をしそうなものですが、「枕する所もない」と人の子(ご自身)のことを語ります。これを否定的な返答だと捉える方もいますが、むしろ、「従う」ことの意味を直接的ではなく教えておられるとみるのがいいでしょう。主イエスの本来の居場所は、神の言葉として、神の子として、天にあります。しかしあえて、神の身分に固執することなく、地上に来てくださった。自分には枕する所もない、本来の居場所ではない地上で、人々の患いを負い、病を担って(前回の17節)、私達に救いをもたらして下さる。この主イエスに従っていくということは、自分もまた、そのように歩むということです。その覚悟があるかと問い返しておられます。
 二つ目の問答では、そのように主イエスに従うことが、命の道であることが示されます。21・22節。死んでいる者が死者を葬るとは、どういうことでしょう。ゾンビのようなことが言われているのではありません。主イエスに従って、まるで「枕する所もない」ような地上での歩みをする時に、私達は命を得ます。本当に生きます。そのように主イエスに従って本当の命を生きていない者は、(厳しい言い方になりますが)死んでいるようなものなのです。そしてそのように主イエスに従って「枕する所もない」旅人として生きる時、私達は本来私達の本国は天にあって、私達もまた実は、「枕する所もない」自分を自覚する中で、主イエスと共に本当の命を見いだします。

2020年1月12日「イザヤの預言を」(マタイによる福音書8章14~17節)

 前回から、主イエスの救いの行ないに関する、8・9章の箇所を丁寧に読んでいます。5~7章の山上の説教と異なり、主に、主イエスの癒しの業と奇跡の業とが記されています。それでは、福音としての意味は今までよりも薄いのかといえば、決してそんなことはありません。前回も、周辺へ来られる主イエスと、信仰の枠からはみ出した(もともと入っていなかったり、追い出されたり)方々の信仰が主イエスによって驚嘆されるという出来事がありました。今日の箇所も、単にぺトロのしゅうとめや大勢の方々がいやされたことだけではありません。特に三つのことをみていきましょう。まず第一に、16節後半です。「言葉によって」です。悪霊を追い出すのも、病人をいやすのも、言葉によるのだということです。マタイ福音書記者は、いやしを言葉と全く別のものとして分けて考えるのではなくて、主イエスのなさる業の全てを「言葉」という視点で捉えます。
 第二に、17節に描かれておりますように、主イエスの業をイザヤ書の預言の成就として捉えます。つまり単にいやしたのではなくて、「負い、担った」ということです。主イエスは、自分のほうは何も変わらないで、高い所にいて、下々にいる人々をいやしたのではありません。自身の身にその全てを担われました。ここで既にマタイ福音書記者は、十字架、更には復活を見据えて語っています。私達の場合は、更にすばらしい救いを頂いているわけですが、基本的な事柄は同じです。主イエスは単に取り去るのではなくて、自分で担っていて下さいます。
 第三に、そのような私達はどうあることが求められているでしょうか。残念ながら主イエスにいやされた多くの人々が、まるでそんなことはなかったかのように振る舞いました(主イエスの十字架の時には、「十字架につけろ」と叫ぶ側になりました)。しかしペトロのしゅうとめは、15節。もてなします。奉仕します。仕えます。私達もそうありたいものです。

2020年1月5日「主は癒される」(マタイによる福音書8章1~13節)

 今日から、主イエスの救いの行ないに関する、8・9章の箇所を丁寧に読んでいきます。この箇所には、主に、主イエスの癒しの業と奇跡の業とが記されています。先ほどお読みいただきましたように今日の箇所では二人の人物が癒されています。重い皮膚病の人物と百人隊長の僕です。
 まず重い皮膚病の人物です。1~4節。重い皮膚病の人は、当時、差別・隔離の対象でした。まず第一に、「清くなる」という言葉が使われています。これは単に病気ではなくて、宗教的な意味があるということです。だからこそ、祭司に見せて証明する(4節)必要があります。更に、カファルナウムの町に入る前です。彼らの隔離が分かります。今日の箇所では、この人の方が百人隊長よりも前に会っていますが、これを一般化することはできないでしょう。しかしより周辺に来られる主イエスというイメージをもつことは大切です。
 今一人をみてみましょう。5~13節。様々なことをこの箇所から語りうると思いますが、今日は一点に集中しましょう。10節を今一度読みます。この福音書で信仰について主イエスが感心して語られるのは今日の箇所がはじめてです(2節の「御心ならば」も)。信仰の枠から追い出されていた重い皮膚病の人、イスラエルの枠にそもそも入っていない異邦人である百人隊長です(クリスマスの学者たち参照)。この二人が主イエスに信仰を認められています。もちろん、信仰と癒しとが必ず一つに繋がっているなどとはいえません(救いと異なって。「あなたの信仰があなたを救った」という言葉については、その箇所でまた)。しかし第一に、こうして本来信仰の民イスラエルではない人々にこそ、主イエスは信仰を見いだしました。そしてこの人々を癒されました。そしてこのような出会いの中で、主イエスは、単に神の民イスラエルにのみ遣わされているのではなくて、全ての人の救いのために来たのだということを自覚していきます。私達もまた、たとえ立ち位置はどうであろうと(周辺にいようと中心にいようと)、主の救いに入れられていることを喜びましょう。

2019年12月29日「岩を土台に」(マタイによる福音書7章24~29節)

 今日は今年最後の礼拝です。そしてまたそのように意図したわけではありませんが、山上の説教の最後でもあります。次回(新年最初の礼拝)から、主イエスの救いの行ないに関する、8章からの箇所を今まで同様丁寧に読んでいきます。
 既に7章全体が纏めの箇所だともいえるのですが、その一番最後に主イエスは大切なこととして何を語るのでしょうか。24~27節。とても有名なたとえ話です。以前休暇中に海外の教会の礼拝に参加した時に、この箇所の模型を使って、子どもたちに、岩の上に建てることの大切さを教えていました。また私自身、横須賀と名古屋の体験を通して、現実の建物で岩の上に建てることを目の当たりにしました。岩の上に建てても、砂の上に建てても、平時は変わりません。建てる時に費用が余分にかかるので、わざわざ岩の所まで掘り進めて土台にする(ルカ福音書の平行箇所参照)のは、無駄なことのようにも見えます。しかし、二重の意味での川の氾濫、強い風があります。一人ひとりの人生におけるそれは、あるいはない方もおられるかもしれません。しかし二つ目の終末論的な意味での氾濫(ノアの洪水から、それは水よりも火のイメージがありますけれども)は、誰にでも必ずやってきます。再臨・終末の時に裁きの座に立たない者は誰もいません。そのときに、弁護者として主イエスが立って下さるかどうか、そこにかかっています(前回の箇所を参照)。だからこそ、岩の上に土台を置くことの大切さがあります。ではそれは、具体的にはどうすることなのでしょうか。この山上の説教で今まで教えられた生き方を実際に自分が生きることです。山上の説教の教えを憧れや諦めで捉える(それが聞いても行わないありかた、むしろ本当は聞いてもいないありかたでしょう)のではなくて、実際に自分が生きるのです。最後の箇所に、主イエスの話を聞いた人々の驚きが描かれます。28~29節。私達の力、私達の栄光、私達の某かでそれをするのではなくて、ただこの主イエスの権威によってのみ(私達はひたすら三一なる神に頼ることによってのみ)このようなキリスト者としての生き方が形作られていきます。

2019年12月22日「東方で見た星」(マタイによる福音書2章1~12節)

https://www.dropbox.com/s/?dl=0

 クリスマスおめでとうございます。
 あと少しで山上の説教が終るのですけれども、前回と今日クリスマス礼拝では、マタイの講解説教をはじめるときにとっておいた箇所です。今日は、占星術の学者たち(今回の新しい翻訳では東方の博士たち)の記事です。
 この記事は、実にたくさんの美しい物語を産み出してきました。四人目の博士の物語などは有名でしょう。しかしこの箇所で、学者たちが何人であるかは描かれていません。贈り物が三つであることから、三人と推定されました(が分かりません)。ユダヤ人の王であるならば、今の王であるヘロデ王のところへ行こうということでしょう。1・2節。これを聞いて、ヘロデ王もエルサレムの人々も皆、不安に感じます。3節。後の皆殺しの記事から分かりますように、ヘロデ王の不安ははっきりしています。自己保身です。それではエルサレムの人々の不安は何でしょう。一番単純には、ヘロデ王と同じ不安であった、ということです。しかしもう少し推察すると、この出来事によって、残忍なヘロデ王が何をするか、不安に感じたのかもしれません。
 今日の記事では、本来神の民であるはずの人々の不安と、学者たち(明らかに異邦人であり、マタイがこの記事を採ったのは特筆に値します)の「喜びにあふれた」ことが、対照的です。主イエスがお生まれになった、この世界に来て下さったことは、「自分こそが王・神」であろうとする者には、ひたすら不安を招くものです。しかし、異邦人であろうとユダヤ人であろうと、救いを求めて、自分の世界に救い主のおられる余地をもつ者には、大きな喜びです。さあ私達は、クリスマスを喜び祝い、喜び歌いましょう。

2019年12月15日「インマヌエル」(マタイによる福音書1章18~25節)

 あと少しで山上の説教が終るのですけれども、今回と次回は、マタイの講解説教をはじめるときにとっておいた箇所です。今日は、主イエスの誕生の場面、次回は占星術の学者たちの記事です。
 この記事から語るべきこと、お伝えすべきことはたくさんあるかと思います。しかし今回は三つのことだけを申し上げましょう。まず第一に、インマヌエル(神は我々と共におられる)です。これは、マタイによる福音書全体の枠組みとなっています。この福音書の最後、主イエスが昇天なさる箇所で、主イエスは仰います、「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(いわゆる大宣教命令の最後)。この福音書全体が語りたいこと、それは、主イエスが(私達がクリスマスにお祝い致しますように)お生まれになられてから、今に至るまで、ずっと共にいて下さるのだという事実です。私達はどんなに困難にしか思えない状況にあっても、いつでも、主イエスが、私達の救い主が、共にいてくださる、この事実に励まされることができます。
 第二に、ヨセフの正しさについてです。19節。私達が陥りがちな過ちは、正しさのゆえに裁いてしまうことではないでしょうか。本当に正しく生きるとは、他者への憐れみに生きることであって、裁くことではありません。多くの方々が勘違いしておられるこのことについて、私達は主イエスにならって、正しくありましょう。
 第三に(最後に)、自分の正しさを越える神の御告げ、神の正しさを生きようとするヨセフの姿から学びましょう。彼は、19節で考えたようにではなくて、神から命じられたように行動します。マリアを妻として迎え入れます。ヨセフの中に、様々な思いがあったことでしょう。しかし、そういう自分の思いを越えて、神を尊重するヨセフです。そんな人物の所に、救い主イエスはお生まれになりました。

2019年12月8日「実で見分けよ」(マタイによる福音書7章15~23節)

 前回までにこの山上の説教で主イエスは、主イエスの御後に従っていく弟子たち、私達キリスト者の生き方を教えてくださいました。その最後にあたって、まず私達は求める(祈る)ことの大切さ、そして多くの人が見落として気が付きもしない狭い門から入ることの大切さを教えられました。
 今日の箇所は、そのように狭い門から入ろうとする私達を邪魔する偽預言者に警戒しなさいという箇所です。15節。一目で分かるものではありません。だから、16~20節。植物の例えを用いて主イエスは、預言者と偽預言者の決定的な違いを語ります。私達は、実で見分ける必要があります。

 しかしこれがまた難しいのです。後半をまとめてみてみましょう。21~23節。偽預言者もまた、「主よ、主よ」と言います。更に、主イエスの名によって、預言し、悪霊を追い出し、奇跡を行います。狼がまとっている羊の皮は、それほどに巧みです。このような現実の中で、私達はどのような「実」で見分けるのでしょう。何よりも、主イエスと共にあって、天の国に入ることです。私達が偽預言者に騙されないで、また偽預言者にならないで生きる(偽預言者は自分たちが偽預言者であることにすら気が付いていません)ために必要なことは何でしょう。私達が主イエスを知り、主イエスに私達を知っていただくことです(「あなたたちのことは全然知らない」の逆)。そういう文脈で、「実を」を考えますと、それは、自分の力に頼らないで、ただ主イエスの十字架だけにより頼む姿なのではないでしょうか。それは決して偽善的な見せ掛けのことではありません。茨なのにぶどうが採れるふりをすることではありません。私達は、キリスト者として生きる上で、確かに努力は必要です。しかしそれは、偽善者としての不自然な努力ではなくて、主イエス・キリストの後に従っていこうとする時に自然と沸き起こってくるものなのです。アドベントの今、主イエスの後に従う自分の姿を今一度振り返ってみましょう。