これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2021年9月12日「主イエスの逮捕」(マタイによる福音書26章47~56節)

 ゲツセマネの祈りの最後に主イエスは仰います。「立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た」。確かに、主イエスの言葉の途中で、ユダが大勢の群衆と共にやってきます。47節です。ここでもユダが「十二人の一人」と書かれています。ユダは前もって決めておいた通りに、接吻で裏切り、主イエスは逮捕されます。48~50節です。主イエスは静かに逮捕されます。しかし一緒にいた弟子の一人が手下の耳を切り落とします(ヨハネ福音書ではぺトロと同定)。51節です。ルカ福音書では、すかさず主イエスがこの耳を癒しますが、マタイにはそういう記述はありません。
 このときの主イエスの言葉から、三つの点だけをみましょう。52~56節です。まず第一に「剣を取る者は…」の部分です。私はこの主イエスの言葉は真実だと思います。確かに一時的には、剣が勝利することもあるでしょう。しかし神の意志が争いではなくて平和なのですから、剣は最終的に勝利しないし、剣を取る者は滅びるより他ありません(特に終末を見据えるならばなおさら)。
 第二に、なぜ主イエスは素直に逮捕されるのでしょうか。天の軍勢を用いて、逃げることはおろか、勝利することさえもできるのに、です。それは、聖書の言葉、預言者たちの書いた言葉が実現するため、すなわち神の御心(前回のゲツセマネ参照)がなるためです。主イエスが十字架に死んで、私達の罪を全て帳消しにする、そこにこそ神の愛が最もはっきりと現れます。
 第三に、主イエスの素直さ・まっすぐさとは対照的な、当時の権力者たちから派遣された群衆の姿があります。主イエスが神殿で教えておられるとき、いつでも彼らは主イエスを捕らえることができました。しかし主イエスに味方する群衆を恐れて、捕らえませんでした。夜陰に乗じてしかできなかった、ここに彼らの卑怯さが極まっています。
 最後に、弟子たちは、主イエスを見捨てて逃げてしまいます。私達はこの弟子たちに私達を重ね合わせて、十字架の主に従うよりほかありません。

2021年9月5日「ゲツセマネの祈り」(マタイによる福音書26章36~46節)

 今日はいよいよゲツセマネの祈りです。前回、オリーブ山へ行く途中、主イエスはぺトロを中心に弟子たちがつまずくことを予告なさいました。そして次回、裏切られ逮捕されるのですが、その前に主イエスは実に真剣な祈りをなさいます。それがこのゲツセマネの祈りです。
 まず、最初の祈り、36~39節です。三つのことだけに今日は注目しましょう。まず第一に、主イエスは本当に「悲しみもだえ」ました。主イエスは、神が一時的に人間の姿になったというのではなくて、真実に神であられるのと同時に真実に人間です。二千年の間、様々に形を変えて両方の異端(神でない、人間でないという)が起こりました。しかしそれらを退けて、教会は成長・形成してきました。悲しみもだえるほどに、主イエスは人間であられました。第二に、(第一のこととも関連して)主イエスは「この杯(十字架のこと)を私から過ぎ去らせてください」と祈ります。ソクラテスが冷静に毒を飲んだのと異なり、主イエスは真実に苦しみ、真実に十字架の回避を祈ります。なぜなら、十字架は、神に見捨てられる事柄だからです。そして第三に、最後には「御心のままに」と祈っておられることです。時々「結局最後は御心のままにと祈るのだから、最初からそう祈っておけばよいのだ」という方がおられます。それは諦めの祈りにしかなりません。祈りにおいて、ここで主イエスがしておられるように、神との真剣な格闘としての祈りがあってはじめて、「御心のままに」へと導かれるのです。
 主イエスは、眠ってしまう弟子たちを嘆きつつ、三度祈ります。40~44節です。「わずか一時も」と主イエスは仰いますが、これは短い時間ではなくて、日本の江戸時代と似ていて二時間ほどのことだそうです。疲れ果てていた弟子たちが眠ってしまうのも無理はないのかどうか、微妙な所です。二度目には主イエスは弟子たちを起しません。「心は燃えても肉体は弱い」とは、神へと向かう心は燃えていても、罪・悪へと向かう「肉」においては私達は弱いということです。弱い私達が、それでも神に従うことができるように、主イエスはこれから私達の罪を全て背負って十字架に死んでくださいます。

2021年8月29日「つまずきを越えて」(マタイによる福音書26章31~35節)

 前回、過越の食事が終りました。そこで主イエスは、弟子たちと共に讃美の歌を歌ってから、オリーブ山へ向かいます。ゲツセマネへ行くのでしょう。そのとき、弟子たちのつまずきを予告なさいます。31節です。「今夜」ですから、本当に間近なことを予告なさいます。しかも、つまずきだけではなくて、その後のことをも予告なさいます。32節です。弟子たちは、つまずいたからといって、信仰をなくしてしまうのではありません。復活の主イエスに出会って、再び歩みだします。
 しかし復活の予告などないかのように、ペトロは勇ましく言います、33節です。そこで主イエスは更に具体的に語ります。34節です。実際、その通りになることを私達は知っています。ペトロは、他の弟子たちのように完全に逃げ出すのではなくて、こっそり大祭司の中庭までついていきます。だからこそそこで、主イエスを否定することになります。ペトロは自分の信仰が命懸けであることを述べます。35節前半です。事実、このときまでペトロは真剣に主イエスについてきました。実際にその場面になるまで、主イエスと共に死ぬ覚悟だったでしょう。更にこれはペトロだけの事柄ではありません。35節後半から分かるように、皆同じように言います。しかし現実には、主イエスの逮捕の場面で、皆、蜘蛛の子を散らすように逃げ出します。
 私達はこの記事から何を学ぶのでしょうか。まず第一に、「私(たち)の信仰」の弱さ、小ささ、不確かさです。私もまた、もしも迫害の時代がきて、信仰を生きることが命懸けのことになるならば、自分の命を差し出す覚悟はできています。しかし現実にそうなったときに、どのように行動できるかは、分かりません。
 ですから第二に、「私の信仰」ではだめで、ただ「主イエスの信仰」を生きることが大切です。弟子たちは逮捕の時には逃げ出しました。しかしその後、多くの弟子たちがたとえ殺されることになっても信仰を生き抜きました。その信仰は、もはや、「私の信仰」ではなくて「主イエスの信仰」です。「自分の信仰」の小ささ・弱さに気づくからこそ、ただ主イエスに頼る他ない。この信仰は、強く固く折れることはありません。
 そしてたとえ、逃げ出す・信仰が折れてしまうようなことがあったとしても、そのような弱い私達を招き続けておられる主イエスに目を止めるならば、また新しい信仰の道を歩みだすことができます。

2021年8月22日「主の晩餐」(マタイによる福音書26章26~30節)

 今日の聖書箇所がはじまる時点で、既に過越の食事ははじまっています。過越の食事の中で、主イエスは、主の晩餐・聖餐の制定をなさいました。私達は、聖餐の制定が、全く文脈のない無機質な提議のようにしてなされたのではないことに注目しましょう。しかもそれは、たった12人の中心となる弟子たちの中に裏切る者、イスカリオテのユダもいたのです。
 まずパンです。26節です。果たして聖餐で用いられるパン(と杯)は、本当にキリストのからだ(と血)なのかということが、特にプロテスタント諸派で議論されていました。ルター派の共在説、改革派・カルヴァン派の臨在説、ツヴィングリ派の象徴説です。プロテスタント諸派が、バラバラなのはよくない、一つになろうとしたときに、どうしてもお互いに妥協できなかったのがこの点であり、一致することができませんでした。[日本基督教団の成立について。現代の傾向について。]
 ただいずれの立場であれ大切なことは、主イエスご自身が、「わたしの体である」と宣言しておられる事実です。私達は聖餐式を単なる儀式として行うのではなくて、主イエスの体を味わうという厳粛な思いをもって聖餐に与ることが大切です。
 いま一つは杯です。27~29節です。三つのことを申し上げます。まず第一に、主イエスの体と血だけれども、私達の行う主の晩餐・聖餐の場に主イエスは(聖霊においてはおられるとしても実体としては)おられないということです。主イエスはこの聖餐に与ることはありません。それが「飲むことは決してあるまい」の意味です。第二に、契約の血であることです。ここには、まだ契約していない者をも巻き込むような発想はそもそもありません。主イエスとの契約があってはじめて、聖餐は意味をもちます。洗礼でただ一度限り結んだ契約を繰り返し確認し、原点に立ち返る意味が聖餐にはあります。第三に(最後に)ここには、主イエスの約束があります。今はまだ、再臨の前なので、ここに主イエスはおられません。しかし、主イエスが再び来てくださって(再臨)、私達は主イエスの父の国(神の国)で新たに主イエスと共に飲むことが約束されています。
 一同は讃美の歌をうたってから、オリーブ山へ出かけました(30節)。ここで主イエスは逮捕されます。逮捕・十字架・復活の前に主イエスが私達信じる者たちのために約束してくださったことを大切にしましょう。

2021年8月15日「私の軛(くびき)は」(マタイによる福音書26章14~25節)

 前回は、主イエス殺害の計画とベタニアでの香油注ぎの箇所でした。分からないなりに主イエスを愛して行動するときに、主イエスは喜んでくださいます。
 今日の箇所は、その続きです。前半がユダの裏切りの企てです。香油を注いだ女とは対照的に、裏切る(引き渡す)ということは、主イエスを愛していないことは明らかです。14~16節です。なぜユダが裏切ったのか、様々なことが言われます。ルカでは、単純にサタンが入ったからと言います。お金目当てでというよりは、武装革命を目指していたユダが、主イエスがいつまでも煮え切らないのに業を煮やして、逮捕となれば、神の子としての力を発揮すると期待したというほうが本当らしいです。ただし、マタイもマルコも「なぜ」という問いには答えていません。その問いは、本質的な事柄ではありませんから、関心がありません。神の、そして主イエスの計画通りに、過越の羊として主イエスが殺されるには、権力者たちの計画よりも早く、ユダの行動は必要でした。神は、神を信じる民だけではなくて、神に敵対する者もサタンさえも計画にお用いになります(例えば出エジプトの時のファラオなど)。
 ユダの救いについてもよく問われます。主イエスは仰います。24節です。生まれなかった方がよかった者に救いはあるのでしょうか。ダンテのように、地獄の一番深い所にユダをおくことはよくなされます。しかし私達が覚えておくべきことは、主イエスは十字架に殺されてから黄泉にまで降られた事実です。この事実から、私達はユダの救いの可能性を否定することはできません。
 主の晩餐の制定は次回の記事です。しかし今日の記事で、既にこの食事がはじまっています。主イエスは、この食事にユダも招きます。ユダが自殺して完全に道を閉ざすまで、主イエスは12人の一人としてユダを扱います。裏切り(引き渡し)は事実であり、他の弟子たちも逮捕の時には蜘蛛の子を散らすように逃げていきます。私達も、ユダとどれだけ違うといえるでしょうか。この裏切り(引き渡し)に勝るものは、ただ主イエスの十字架と復活であって、神の憐れみです。

2021年8月8日「記念として」(マタイによる福音書26章1~13節)

 前回で、3章に及ぶ最後の説教が終りました。今日の箇所から、一直線に十字架へ向かいます。その最初にあるのが、今日の記事です。この箇所は二つの部分からなります。前半では、権力者たちが主イエスを殺す計画を建てています立てています。後半では、対照的に一人の女が出てきます。
 両者に共通しているのは、自分たちが何をしようとしているのか、何をしているのか、分からないことです。主イエスを殺そうとしながら、それが神の子を殺すことなのだと分からない権力者たち。極めて高価な香油を注ぎながら、その意味を知らない女。
 まず権力者たちの企みをみましょう。3~5節です。祭りの間は騒ぎになるといけないからやめておこうと彼らは計画します。しかしそれさえも、神の・主イエスの計画とは異なり、主イエスの逮捕・引き渡しはもっと早くなります。1・2節です。過越祭に、ただ一度限りのいけにえの小羊となるために、主イエスは死にます・殺されます。彼らの計画通りにはいきません。
 後半の香油を注ぐ女については、既に様々なことを皆さん聞いてこられたと思います。弟子たちの非難に対して、主イエスは女をかばいます。10~13節です。女は、自分のしたことの意味が分からないで困っています。しかし主イエスはこの女のしたことを(常識的には無駄遣いであることを)「良いことをしてくれた」と、高く評価します。そればかりか、福音が宣べ伝えられる所では、記念として語り伝えられるとまで、仰います。なぜなら、女は(自分でもその意味は分からずに)葬りの備えをしたからです。そして今も、私達は(毎週というわけではありませんが)この女のしたことを記念として語り伝えております。
 私達が行動するとき、いつもその行動の意味を十分に分かっているわけではないでしょう。しかし、主イエスへの愛によって行動するとき、それは「記念として」語り伝えられるほどに主イエスは高く評価してくださるのです。

2021年8月1日「平和を保って」(使徒言行録9章26~31節)

 今日は日本基督教団では、平和聖日です。今日は、マタイの講解説教をお休みして、聖書日課です。今日の聖書箇所は、サウロ(後のパウロ)の回心の記事と同じ章です。尤もパウロは回心の後で、ダマスコ伝道をしています。ここに「かなりの日数がたって」(23節)とありますから、恐らく数年がたっています。そしてユダヤ人たちに殺されそうになって逃げ出します。こうしてサウロは、エルサレムに来ます。
 この、サウロがキリスト者になってからの最初のエルサレム訪問については、パウロ自身がガラテヤの信徒への手紙に書いています。読み比べて頂けば、細かい点で様々な違いがあることは分かると思います。何とか整合性を保とうとする努力や、実際の出来事としてどうだったのかを推測する努力もあります。しかし今日は、この使徒言行録の記事の通りであったという前提で話をしましょう。
 最初に、26~28節です。エルサレムの信徒たちは、すぐにはサウロを信用しません。恐らく、キリスト者を迫害するために、スパイのように内部に入り込んで実態を調査しようとしているのだと誤解したのでしょう。両者を取り結んだのは、慰めの子と呼ばれるバルナバです。対立する両者を和解させる、平和をもたらすためには、両者の間を取り結ぶ人が必要です。ギリシア語を話すユダヤ人たちのゆえに、サウロはエルサレムをたちます(29・30節)。
 その結果はどうなったのでしょうか。31節です。平和を保ちます。その礎は、主を畏れることです。教会の人々がサウロを畏れている内は、平和は来ません。いや逆に、主を畏れるときに、私達は人間的な何者も恐れなくなります。そこでは、私達は聖霊の慰めを受けます。そして、教会は基礎が固まって発展し、信者の数が増えていきます。これは現代においても同じです。私達は、主のみを畏れ、平和を保ちましょう。