これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2020年1月19日「枕する所もない」(マタイによる福音書8章18~22節)

今、主イエスの救いの行ないに関する、8・9章の箇所を丁寧に読んでいます。今日の箇所は、主イエスがそういう何かを行う場面ではなくて、二つの問答が記されています。まず、そのきっかけともなる主イエスの命令をみましょう。18節。主イエスはここでは…

2020年1月12日「イザヤの預言を」(マタイによる福音書8章14~17節)

前回から、主イエスの救いの行ないに関する、8・9章の箇所を丁寧に読んでいます。5~7章の山上の説教と異なり、主に、主イエスの癒しの業と奇跡の業とが記されています。それでは、福音としての意味は今までよりも薄いのかといえば、決してそんなことは…

2020年1月5日「主は癒される」(マタイによる福音書8章1~13節)

今日から、主イエスの救いの行ないに関する、8・9章の箇所を丁寧に読んでいきます。この箇所には、主に、主イエスの癒しの業と奇跡の業とが記されています。先ほどお読みいただきましたように今日の箇所では二人の人物が癒されています。重い皮膚病の人物…

2019年12月29日「岩を土台に」(マタイによる福音書7章24~29節)

今日は今年最後の礼拝です。そしてまたそのように意図したわけではありませんが、山上の説教の最後でもあります。次回(新年最初の礼拝)から、主イエスの救いの行ないに関する、8章からの箇所を今まで同様丁寧に読んでいきます。 既に7章全体が纏めの箇所…

2019年12月22日「東方で見た星」(マタイによる福音書2章1~12節)

https://www.dropbox.com/s/?dl=0 クリスマスおめでとうございます。 あと少しで山上の説教が終るのですけれども、前回と今日クリスマス礼拝では、マタイの講解説教をはじめるときにとっておいた箇所です。今日は、占星術の学者たち(今回の新しい翻訳では東…

2019年12月15日「インマヌエル」(マタイによる福音書1章18~25節)

あと少しで山上の説教が終るのですけれども、今回と次回は、マタイの講解説教をはじめるときにとっておいた箇所です。今日は、主イエスの誕生の場面、次回は占星術の学者たちの記事です。 この記事から語るべきこと、お伝えすべきことはたくさんあるかと思い…

2019年12月8日「実で見分けよ」(マタイによる福音書7章15~23節)

前回までにこの山上の説教で主イエスは、主イエスの御後に従っていく弟子たち、私達キリスト者の生き方を教えてくださいました。その最後にあたって、まず私達は求める(祈る)ことの大切さ、そして多くの人が見落として気が付きもしない狭い門から入ること…

2019年12月1日「命に通じる狭い門」(マタイによる福音書7章13・14節)

前回、求めることの大切さが教えられました。キリスト者として主イエスの後に従うのはどのような生き方であるかが今まで示されてきましたけれども、私達はなかなかそのように生きることができません。だからこそ、神様ご自身に対して、祈りの内に私達がその…

2019年11月24日「与えて下さる父なる神」(マタイによる福音書7章7~12節)

山上の説教も終盤に入ってきましたが、今日もまた、とても有名な箇所です。 7・ 8節。「求めよ、探せ、門をたたけ」。まず問題になるのは、これが何についての言葉なのかということです。私達の欲望に関するものでないことは明らかです。ここで、何よりもま…

2019年11月17日「丸太とおが屑」(マタイによる福音書7章1~6節)

前回は、神の国と神の義を求めて生きることの大切さをみました。その中で大切なことは、裁かないことです。1・2節。この、私達を裁くのは誰でしょうか。他者の裁きを恐れる必要はありません。それは前回みました。ただ、神が裁かれます。私達は終わりの日…

2019年11月17日「丸太とおが屑」(マタイによる福音書7章1~6節)

前回は、神の国と神の義を求めて生きることの大切さをみました。その中で大切なことは、裁かないことです。1・2節。この、私達を裁くのは誰でしょうか。他者の裁きを恐れる必要はありません。それは前回みました。ただ、神が裁かれます。私達は終わりの日…

2019年11月10日「まず求むべきもの」(マタイによる福音書6章25~34節)

前回は、神への眼差しに生きる、私達が神と神でない何かに同時に仕えるのではなくて、まっすぐに単純に神に仕える生き方を選びとることが求められていました。今日はそのような生き方の特長である、思い悩まないことについて、です。多くの方が仰るのは、信…

2019年11月3日「あなたは誰に仕えるのか」(マタイによる福音書6章19~24節)

施し、祈り、断食についての言葉が終わり、次の単元です。新共同訳聖書の表題が三つありますように、三つそれぞれをみていくこともできますが、今回はマタイ福音書記者がこのように並べた意図(ルカと比べると、マタイが一カ所に集めたことがよく分かります…

2019年10月27日「断食」(マタイによる福音書6章16~18節)

施し、祈り、断食、主イエスは当時善行とされたこの三つのことについて語ります。今日は三つ目の断食です。しかし今までの二つ、施し、祈りに比べて、私達キリスト教会にとって、この「断食」は、少し遠い感じがするのではないでしょうか。勿論、キリスト教…

2019年10月20日「赦しを生きる」(マタイによる福音書6章11~15節)

主イエスは主の祈りを教えます。前半の部分では、神・天に関する祈りでした(もっとも実はそれ自体が私達の地上の生活と深く関わっていますが)。今日は後半、私達人間・地上のことで、三つの祈りからなります。糧を求める祈り、負い目を赦してくださいとい…

2019年10月13日「こう祈りなさい」(マタイによる福音書6章9~10節)

主イエスは祈りについて教える後半で、主の祈りを教えます。今日はその前半の部分、神・天に関する祈りです(次回後半、私達人間・地上のこと)。主イエスは、「こう祈りなさい」と仰って、主の祈りを語ります。9節前半。まず神への呼びかけの言葉です。元…

2019年10月6日「真実の祈り」(マタイによる福音書6章5~8節)

現在私達は山上の説教の中で、施し・祈り・断食についての教えを学んでいます。一つ目の施しと同様に、この二つ目の祈りにおいても、偽善者がするように、見せびらかさないことの大切さが語られています。5節。人々に見せる祈りは、既に人々から報いを受け…

2019年9月29日「神は報いられる」(マタイによる福音書6章1~4節)

前回まで幾つもの反対命題でありました。私達が、この世界でキリスト者として生き続けることができるように、厳しくも福音である大きな問いの前に立たされました。今日から、新しい単元に入ります。18節までで、三つの徳・三つの義について教えておられま…

2019年9月22日「完全な者となれ」(マタイによる福音書5章38~48節)

今回も反対命題です。今日は五つ目と六つ目、更には反対命題の全体をまとめる、「完全な者となりなさい」という勧めです。今日の聖書箇所は、私自身の教会へ行くようになったきっかけの部分ですが、証ではないのでそれは省きます(いつかそういう機会のとき…

2019年9月15日「誓いを立てない」(マタイによる福音書5章33~37節)

今回も反対命題です。今日は四つ目です。前回同様、「一切誓いを立ててはならない」と、かなり厳しいことが言われます。最初に今までの命題との二つの違いをみましょう。一つ目は、反対命題のもとになる、「あなたがたも聞いている」ことの中身が旧約聖書に…

2019年9月8日「健やかに生きる」(マタイによる福音書5章27~32節)

前回は、最初の反対命題でした。今日は二つ目と三つです。前回同様、かなり厳しいことが言われます。一つ目の「姦淫」は、実際にしなくても、みだらな思いで見る者は犯したことになるといいます。27・28節。更につまずきをもたらす、目や手を捨てること…

2019年9月1日「腹を立てない生き方」(マタイによる福音書5章21~26節)

前回は、律法に対する主イエスの基本的な姿勢が述べられていました。今日から、反対命題になります。六つの反対命題が述べられた後、当時のユダヤで三つの徳とされた施し・祈り・断食についての教えです。今日は一つ目の反対命題をみます。最初に律法として…

2019年8月25日「完成するために」(マタイによる福音書5章17~20節)

前回、私たちが、何の功績もなくても、ただ主イエスの弟子であるというだけで、既に地の塩・世の光だという聖書箇所でした。今日から、律法に関する箇所に入ります。私たちはキリスト者になったからといって、ユダヤ教の律法を遵守したりはしません(一部の…

2019年8月11日「地の塩である」(マタイによる福音書5章13~16節)

p>今日の聖書箇所で、まず大切なことは、主イエスが「あなたがたは地の塩(世の光)である」と断言しておられることです。ここに理想や目標を見いだすのは間違っています。主イエスは、「地の塩(世の光)になりなさい」とは、仰いません。これはどういう意…

2019年8月4日「平和を実現する」(イザヤ書2章1~4節、マタイによる福音書5章9節)

今日は日本基督教団では平和聖日です。そして丁度山上の説教の最初、山上の祝福をみていますので、今日は9節の御言葉に集中しましょう。また、神の与えてくださる平和がどのようなものであるのか、イザヤ書からも聴きます。 この9節の祝福を聞いて、「ああ…

2019年7月28日「迫害の喜び」(マタイによる福音書5章1~12節)

前回大まかに「山上の祝福」の全体をみました。今日は最後の迫害の話に集中しましょう。10節。まず注目すべきは、3節との関連です。後半が同じです。それだから、3節と10節は同じ中身だという方もおられます。しかし、(確かに山上の祝福全体が同じ人…

2019年7月21日「主の幸いを生きる」(マタイによる5章1~12節①)

前回、最初の弟子たちが招かれました。そして後半は、9章の最後と共に、5~7章(主の教え)と8.9章(主の行い)とを囲んでいます。今回は、山上の説教の最初にあります山上の祝福を三回で読みます。1・2節。ラビが弟子たちに教える時のように主イエ…

2019年7月14日「最初の弟子たち」(マタイによる福音書4章18~25節)

前回は宣教開始でした。今日の箇所から具体的にその内容が記されていきます。今日の箇所は、前半と後半の二つに大きく分かれています。「最初の弟子たち」(今日の説教題)は、厳密にいうと、前半だけのことです。しかしこの前半と後半とが密接に結びついて…

2019年7月7日「宣教開始」(マタイによる福音書4章12~17節)

前回までの箇所で、主イエスの誕生と子ども時代、更に、ヨハネから洗礼を受けて悪魔の誘惑を受けました。それでいわば、準備は終わったのですが、直ちに宣教開始ではありません。12節。まず第一に、ヨハネの逮捕が宣教開始のきっかけになります。それは当…

2019年6月30日「荒れ野の誘惑」(マタイによる福音書4章1~11節)

1節。ここに荒れ野の誘惑の意味が示されます。聖霊に導かれて。悪魔から誘惑を受けるために。ヘブライ人への手紙4章15節。その誘惑は三つです。順にみていきましょう。2~4節。霊肉二元論に陥って、「肉的なものはどうでもよい、霊的ものが大切だ」と…